戻 るかまいしnetトップ
モノづくりDNA 第2回横山久太郎


 今回の高橋亦助は前回の横山久太郎と重なる点がありますことをご了承願います。


 亦助は嘉永6年(1853)、釜石村東前の旧家で肝入りの岩間宇右衛門の三男として生まれた。理由は不明だが亦助は母トメの旧姓高橋を名乗った。
 安政4年(1857)亦助5歳のとき父と死別し、翌5年当時近くにあった石応禅寺に預けられ学僕となるが、2年で飛び出し、その後遠野の商家で奉公するが1年で釜石に帰る。*1


 明治8年(1875)亦助22歳のとき、官営釜石製鉄所の求人募集に応募、就職し高炉の現場作業に従事する。
 官営釜石製鉄所は6年の歳月と現在の貨幣価値にして数千億円を越える資金でドイツ人技師エル・ビヤンヒーの指揮のもと、大規模高炉2基をはじめ鉄道などの近代的な設備を備え明治13年9月操業を開始したが、1次操業はわずか97日間の操業で頓挫した。原因は諸説あるが*2小川の製炭場の火災が大きな要因とされている。


 職を失った亦助は平田の戸長役場の書記を経て、沢田回漕店*3の番頭として働いた。このころ亦助は上平田の肝入り猪又重衛の長女タキと結婚した。それからまもなく夢にまで見た製鉄所再興が決まった。明治17年東京の「鉄屋」田中長兵衛により再び高炉に火が入った。現場責任者の横山久太郎は亦助を高炉操業主任兼事務長として機械主任の村井源兵衛とともに雇い入れた。このとき横山30歳、亦助32歳。その後二人はお互いに尊敬しあい釜石復興の"炎のコンビ"となった。


 まず、亦助は職工ら17人を集めた。官営製鉄の失敗に学び、橋野高炉と同じサイズの小高炉2基を築造し明治18年に竣工した。燃料は木炭、送風装置に水車を用いるなど、高任の高炉に立ち戻って操業を試みた。操業は溶けた銑鉄と鉱滓*4が炉内で凝固し失敗に終わった。その後も加熱装置を新設し熱風を送るなどあらゆる努力も効果が見られなかった。1年半が過ぎ、操業は46回を数え資金も底をつき、木炭その他材料費の支払いが延び、工員の給料も遅れがちとなった。亦助の妻タキの父猪又重衛は家財を売り払い金を工面した。
 明治19年7月事態は深刻となり横山は主人長兵衛に呼び出され操業中止を言い渡されました。横山が不在の間、後を任された亦助は2度操業を試みるが失敗に終わった。横山からの「設備の一切を片付ける準備をしておくように」との一報に亦助は職工らを高炉前に集め「皆さんが既にご承知のように操業以来あらゆる方法を講じたがもはや他に方法はない。皆さんには今日まで努力していただいて感謝の念で一杯である。皆さんには職を探していただきたい。社宅は当分貸しておきます。」と解雇の申し渡しをした。もしこのときこのままで終わっていたら鉄都釜石の繁栄はなかっただろう。
 その夜、亦助は工場に最後の泊りをした。何時しか深い眠りについた亦助に一人の老人が現れ、その老人がこれまで亦助らが良鉱石としていた鉱石を手に取り「これは悪鉱石なり」と投げ捨てて、今まで不良鉱石として捨てていた鉱石を手にとって「これこそ良鉱石である。これで精錬したならば必ず好結果を得べし」と告げて消え去ったという。
 その翌朝、解雇を申し渡した職工らが事務所を訪れ「食べるものさえあれば賃金はいりません」と願い出る。明治19年10月16日久太郎が不在の中、49回目にして最後の操業が始まろうとしていた。職工頭の進言もあり夢枕にたった老人の言う通り、今まで不良鉱石として捨てていた赤みがかった鉱石を使った。火入れの後重苦しい空気が一同に流れたが炉内の情況は今までとは変わっていた。出銑の準備が終わり、湯口に穴が開けられた。同時に真っ赤な溶銑が音を立てて流れ出した。「成功だ!溶銑が流れた!」あたりは歓喜に包まれました。吉報を聞いた横山は釜石に駆けつけ真っ先に亦助の家に行き抱き合って成功を喜び泣きました。


 
大正6年 亦助は田中鉱山の監査役になり第7高炉がある栗橋分工場の工場長となる。大正7年11月インフルエンザが全国で蔓延し栗橋分工場でも1週間休止さぜるを得なかった。亦助も感染、急性肺炎を併発し医師、家族の看護の甲斐もなく近親に見守られながら66年の生涯の幕を閉じた。田中鉱山は社葬をもって偉人の功に酬いた。
 このとき病床についていた横山は狂気の如く嘆き悲しんだそうです。




 港や製鉄所が一望できる大町の薬師公園東側に高炉を模した円筒型の碑が建っている。釜石復興のため"執念の炎"を灯した亦助の顕彰碑である。昭和33年4月製鉄所従業員や市民有志によって建立された。
 亦助には今の釜石がどう映るだろうか。きっと歯がゆい思いで見ていると思うのは私だけだろうか。


※ 1 「風説に舞う」では石応禅寺2年、遠野の商家1年とあるが「高橋亦助翁伝」ではともに3ヶ月となっています。
※ 2 岩手大学の小野寺助教授のHPには2次操業は故意により炉底凝固が行われたのではないかとされている。参考HP参照。
※ 3 沢田回漕店……沢田権左衛門経営(第2代市長沢田権左衛門かと思い調べたら市長になった沢田権左衛門はこの年に生まれているので当時の経営者は父または祖父ではないかと思う)
※ 4 鉱滓(こうさい)……製鉄の際に出来る鉄鉱石のカス。別名ノロ。釜石ではノロカスと言ったほうが分かりやすいと思います。余談ですが平田埋立地の半分以上はこの鉱滓で埋め立てられています。 


参考文献  
高橋亦助翁顕彰碑建立委員会編  高橋亦助翁伝
菊池 弘著 風雪に舞う 釜石地方人物伝
半沢 周三著 日本製鉄事始 大島高任の生涯
参考HP  
小野寺英輝氏 釜石地域の産業の変遷について



Copyright (C) 2005 Kamaishi net. All Rights Reserved.