橋野高炉跡の歴史
安政4年12月1日に大橋において日本で初めて洋式高炉による出銑に成功した大島高任(当時は惣左衛門)が南部藩の企てにより翌年の6月、仮高炉の建設を開始し12月頃操業に成功した。
 大島高任によるわが国初めての近代製鉄は水戸反射炉へ柔鉄を供給するための製鉄事業だったが、安政5年に起きた安政の大獄により水戸斉昭は失脚となり水戸の反射炉は閉鎖され、南部藩は最大の顧客を失い鉄の需要は激減した。

 安政6年4月より橋野高炉は藩直営となり規模を拡大し安政7年7月には1番高炉と2番高炉の2座を建設し、仮高炉を改修し3番高炉とした。

 その後、慶応3年栗林に、翌明治元年6月橋野にそれぞれ銭座を開設し鋳銭を開始する。経営は小野権右衛門となり高炉3基、人員約1,000人、牛150頭、馬50頭で年間出銑量が300,000貫を誇った。

明治2年に政府が鋳銭禁止令を出したが、橋野高炉では大規模な密造が行われていた。しかし、明治4年に密造が発覚し銭座は廃座となった。この時、1番高炉と2番高炉は操業をやめ3番高炉のみの操業となった。

その後経営者が変わり明治27年田中製鉄所に吸収され、栗橋分工場の操業開始とともに橋野高炉は36年間の幕を閉じた。


昭和30年から翌年にかけて岩手大学の森嘉兵衛氏、板橋源氏らによって発掘調査が行われ、昭和32年6月3日に国指定史跡となった。

また、昭和59年にはアメリカ金属協会から歴史遺産賞を贈られ、国内外から高く評価を受けている。